アマリージョフラメンコ教室は森眞奈美主宰のフラメンコスクール。タブラオ、舞台などにて精力的に公演中。

森 眞奈美プロフィール

Amarillo Flamenco 森 眞奈美(もり まなみ)プロフィール

愛知県名古屋市出身。
4歳よりクラシック・モダンバレエ等を、後にジャズダンスを学び、1992年NYにてフラメンコに出会う。
帰国後、鍵田真由美に師事。舞踊団員として活躍する。その後、田中美穂に師事し、代教を務める。
田中美穂氏の勧めもあり、2002年に独立。東京都世田谷区下北沢にAmarillo Flamencoを主催し、
東京と名古屋で後進の指導に努める。
厳しくも時には笑いが起こり、楽しくも深くフラメンコを学ぶことができるようクラスを組織。
生徒それぞれの内面を深め、それを表現できるような踊りを目指して指導にあたっている。
丁寧かつ的確なレッスン内容とその温かい人間性に惚れ込み、長期にわたって指導を仰ぐ生徒も多い。
「フラメンコは長い人生を通して深めることができるライフワークであり、
それぞれの人間性や歩んできた人生を表現するもの」「『ソロ』というフィールドで、
自分自身にしかできない踊りを見つけてもらうことが最大の喜び」という価値観が多くの共感を呼び、
小さな子どもから七十代まで、幅広い年齢層の生徒から絶大な支持を得ている。

自身の舞踊活動としては、タブラオ・舞台などにて精力的に公演を行うほか、
1年半毎に渡西し、マヌエル・べタンソス、コンチャ・バルガス、ピリー・オルテガ、ソレ等、多くのアルティスタに師事。
その尽きることない向上心で、テレビ・映画の出演・演技指導等、幅広いフィールドで活躍中。

「フラメンコは内面を写す鏡である」をモットーに、文化を異にするスペインのフラメンコを通して、
自身の「内面」を表現すべく日々活動している。

ホームページ制作、ホームページ作成はこちら