東京下北沢のアマリージョフラメンコスクールでフラメンコ体験レッスン!初心者の方も楽しくフラメンコ体験!

生徒の声

田中美穂
東京教室田中美穂
ある日、美容院で読んだ雑誌に、「フラメンコは自分の人生を踊る踊りだ。100人いたら100通りの踊り方がある」と書いてあり、当時31歳、それなりに色んなことがあった人生を踊りにしたらどんな踊りになるのだろう。踊ってみたい!と思い教室を探しました。

自宅近辺の世田谷区で検索したところ、マナ先生の教室がヒットし、早速体験レッスンに足を運びました。地下の教室だったので、階段を下りながら、ものすごい早いステップのドドドドドーという音が聞こえ、「あ〜やってみたかったけど、私には無理そうだ」という思いで教室のドアをノックしました。そうしたら先生も生徒さんもとても温かく迎えてくれ、私の不安を一気に取り去ってくれました。出来の悪い私に、基礎から丁寧に呆れず教えてくれました。最初は手の動きと足の動きが一緒になってしまい、悪戦苦闘しました。でも先生の教え方がとてもわかりやすくユニークで、厳しい練習をしていたとしても、いつも笑顔で練習できています(たまに叫び声をあげたりしていますが)。笑いの絶えない教室で、素敵な仲間に恵まれ幸せ者です。

フラメンコを始めてよかったことは、一生チャレンジし続けられる何かを見つけられたことでしょうか。難しいだけに数年で満足できるような踊りはできません。簡単にできるよりもチャレンジし甲斐があります。きっとこれで十分という練習は無いだろうし、そういった難しい何かにチャレンジすることで、自分自身の内面と向きあったり、ともに難しい壁にぶつかっていく仲間との絆が深まったりするのです。きっと人生これからもいろんなことが起きると思います。そんな中で教室の仲間と、フラメンコという繋がりを通して、一生お互いの成長を見守っていけるようなライフスタイルが持てたら、情熱の炎を絶やさず、いつまでも青春していられる気がします。

そして何よりもマナ先生の人間性があってこそ、ここまでの想いが持てるようになったと思います。自分が先生のことを語るのはおこがましいですが、生徒全員が誇りに思っている素晴しい先生です。先生のオーラの中でフラメンコのみならず、その他のことも自然と学ばせていただいています。

仕事やプライベートとフラメンコを両立させるのは、難しい時もあります。でも、ずっと続けて行きたいと思っています。そして、いつかは自分を表現し誰かの瞳に涙が浮かぶほどの踊り手になれたらなと思っています。
宮崎千晶
東京教室宮崎千晶
フラメンコとはまったく縁のなかった私ですが、気づいたら6年が過ぎていました。
週末に細々と続けてきたということもあり、フラメンコがきっかけで一変したというのとは少し違う気もします。ただ、踊りに自分が正直に表れてしまうので、鏡のようなものを得ることができました。鏡の中の自分は、盆踊り的な雰囲気からなかなか抜け出せていないのですが、これからが楽しみでもあります。徐々に、細々ですが切れることはないという想いを得られたからかもしれません。
マイペースな取り組み方を認めてくれている師匠、姉弟子、一門、万歳\(^o^)/。あ、相撲部屋ではありません・・・。
芳賀裕美子
東京教室芳賀裕美子
私にとって踊ることは、自分自身と向き合う大切な時間となっています。
音楽に合わせて身体表現できることが無条件に楽しく、それと同時に自分の肉体と精神を感じることができるからです。
この教室で踊り始めて早6年が経ちますが、目標は少しずつ形を変えて存在するものなので、終わることのないライフワークです。
アマリージョフラメンコ は先生の人柄のよさとわかりやすい指導、上下関係のないのびのびとした雰囲気が魅力的な教室です。
下谷陽子
名古屋教室下谷陽子
名古屋・水曜夜クラス 通称:お笑いチームです。
なぜ?お笑いチーム??それは、レッスン中に、笑いがコダマするからなのです。
わかりやすく丁寧な教授法はもちろんのこと、ユーモア溢れるマナ先生の指導はあっという間に生徒を引き込んでしまう楽しさと魅力に溢れているからなのです。 さらに、パンチの効いた先生と、パンチを膨らませる生徒たち。この絶妙のコンビネーションは、復習の際、レッスン録音テープを聞いてまたまた笑いを誘います。

毎週あらゆる角度から学ぶテクニカ。フラメンコの軸“重心”の徹底的な指導。何度も繰り返して習得する振付。クラスの個性を生かした群舞。また、発表会への入念な仕上げに、沢山の時間を注ぐことも着実に上達する秘訣なのかもしれません。

私事で恐縮ですが、先日の発表会でペアを組んで踊る予定の相方が怪我というアクシデントに見舞われ、2週間前に辞退が決定してしまいました。代役は先生と大方決まっていたのですが、ある日、一通のメールが・・・。

“あなたの長い経歴に、花を咲かせる機会が図らずとも訪れたようです。初ソロ決定です。
一度自分の踊りに責任を持ってみようか・・・チャンスだと思って。”

こんなメッセージが届きました。ほっこり、じんわり(涙)。 不安との戦いでしたが、パルマを叩いてくれていた先生、応援してくれた仲間と気持ちはひとつとなって、1人ではとても乗り越えられない大きな壁を越えたように思います。先生の温かな配慮で、思いがけないソロデビューとなりました。

努力や頑張りの延長上には、喜びや楽しみが待っている。
あきらめない。そして継続するチカラ。
強さも弱さも全て受け止めてくれる先生と出会えたことに感謝です。

一粒で二度おいしい、森眞奈美ワールド!
一歩踏み込むその先は・・・?いつの間にやら、トリコロール&フォーエバ〜★
小川徳子
名古屋教室小川徳子
日々の生活、自分をグイグイ出しまくっている方もいれば、かなり抑えている方もいらっしゃると思います。
私は完全に後者です。それに加えて、口下手、要領悪し、思いっきり物おじする性格。私は、ドジでのろまなカメです(←なつかしい)…。
そんな私がフラメンコ!?いえ、きっとフラメンコでバランスが取れているんだと思います。
日常生活の中で時々フラメンコトリップしつつ。例えば、こんな風に。

会社の通路で、ふと(あの振りどうだっけ)と固まる。…音速でフラメンコの世界へゴー!
が、今の職場で仕事を続けているからこそのフラメンコ、変質者呼ばわりされ、つまみだされては大変。ひと振りしたいのをぐっとガマンして自分の席に向かいます。はたまた、脳内をフラメンコの曲がやんちゃ坊主のように駆け回り、周囲は無音なのに一人で目を座らせて足で拍子取ってたり。
おかしな人だと思われてないか、自分!?
…そんな葛藤しつつ、時々フラメンコトリップしてます。笑

実際に踊る時は、自分のようで自分じゃない、不思議な感覚。
これもまたトリップ。日常のもろもろから解放されて何からもフリーな自分がいます。
幸せだなぁ〜、と若大将のようにつぶやきたくなります。

クラスもフリーな雰囲気です。レッスンで一度笑うと後引く私、クラス全員の笑いの波が引いた後も一人密かに腹筋と顔筋を不自然にゆがめながら苦しく踊ることもあります。クラスでも、おかしな人!?(^_^;)…先生と仲間に改めて感謝です。

フラメンコの踊りも音楽も好きな私は、先生と仲間に助けられながら、これからも気ままにフラメンコトリップ!

ホームページ制作、ホームページ作成はこちら